ホーム>しもかわについて

しもかわについて

創作料理 しもかわ

創作料理 しもかわ

小田急線新百合ヶ丘から12分ほどの、まだ多くの空き地が残るこの山口台に創作料理の店をオープンして、おかげさまで24周年を迎えることができました。
店内は落ち着いた雰囲気で、幅広い年齢層の方にご利用いただいております。

また、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

素材へのこだわり

野菜

野菜

野菜は極力有機野菜を取り入れております。
当店の有機野菜は、栃木県新勝沼の有機栽培農家である田島譲さんから産地直送で届きます。
毎回、田島さんの奥様より畑の写真とお手紙を頂きます。

作物の成長、害虫との闘い、新しい品種への挑戦・・・
生産者の方との交流はとても刺激を受けます。

牛肉

牛肉

創作料理しもかわはおかげさまで「牛肉の美味しい店」とメディアでも多く取り上げられてまいりました。

美味しいお肉の秘密は、オーナーの下川シェフが53年かけてたどりついた、厳選された牛肉にあります。

なかでも、 産地指定天然記念物の見島牛と無角和種の阿武牛は、牛肉本来の純粋な味を堪能できる他では味わうことのできない大変稀少な牛肉でございます。

是非、それぞれ特徴が違う2つの牛肉をご堪能ください。美味しいお肉の秘密は、オーナーの下川シェフが50年かけてたどりついた、厳選された牛肉にあります。

おことわり

おことわり

当店ではコースにより、数種類の牛肉を使い分けております。
天然記念物の見島牛は当店の看板メニューではございますが、シェフが惚れ込んでいる部位のみを扱っているため、予約待ちの状況が続いております。
現在、当店で取り扱っている牛肉は、見島牛、阿武牛、黒毛和牛(国産牛)などでございます。
また、その他に良い牛肉が入った場合、別の牛肉を使用することもございます。

※牛肉の「たたき」と「にぎり」の調理方法に関しまして
現在食品規制により、牛肉の「たたき」と「にぎり」は生食ではなく加熱調理をしてご提供しております。

見島牛って?

見島牛

見島牛は山口県の孤島、見島に生息しています。
その孤島で多品種と交わることなく「和牛」の純血と原型を保ち続ける唯一の牛です。

そのため、昭和3年に国の産地指定の天然記念物に指定されました。
現在では保存会の方々の努力により、常時80頭が維持されている大変稀少な品種ですが、産地指定の天然記念物ということもあり、見島以外で育てられた見島牛は食することができます。

山口県のミドリヤファームさんと当店でしか味わうことのできない究極の一品です。

肉質

全身極上の霜降り肉で、濃厚な味が特長。旨味、コク、香りが際立つ肉質。
見島牛に惚れ込んだ当シェフのこだわりにより、使用する部位は赤身の多い「もも」と「らんぷ」(イチボ、トモサンカク、マルシン)のみ。適度な歯ごたえがあり噛みしめるほどに旨みが広がります。

黒毛和牛

主ににぎりに使用いたします。

国産牛

現在は栃木や群馬、茨城などの黒毛和牛を使用しております。阿武牛コース、見島牛コース、おまかせコース以外で使用いたします。

阿武牛って?

阿武牛

見島牛と同じく、阿武牛も山口県内でしか飼育されていない無角和種という種の牛です。

常時約50頭が飼育されており、毎月市場に出荷されるうちの4分の1が当店の扱いになります。見島牛同様、他では味わえない当店自慢の特約牛です。
日本テレビの人気番組「どっちの料理ショー」でも紹介され、見事、完勝しました。

無角和種を生産されている安堂畜産のホームページはこちら

肉質

濃厚な見島牛とは対照的に赤みを主体としたヘルシーな肉質。上品ですっきりとした味わいとしっかりした歯ごたえが好評です。